沖縄訪問記

2008年2月8日(金)
道北の我が家を5:30出発 まだ空は暗い。
海岸線を走っている間に、夜が明けてくる。7時頃やっと空も明るく。

 

8時には余裕で友人宅に到着の予定が、なぜか30分遅れ。
それでもなんとか初めて訪ねる友人宅にもたどり着き、そこから出発。
平日の朝のラッシュ、さらにはツルツルの雪道と言うこともあって、半端ない渋滞に巻き込まれる。

予定外の時間をくって、高速道路にのる。
9時には新千歳空港付近の民間駐車場に着く予定だったが、千歳空港付近に着いたのが9:20頃。
目当ての駐車場を目指して、空港を通り過ぎて進むが、なかなかたどり着かない。
やっと看板を見つけて右折してみたものの、周りは山道で駐車場はまだまだ先の模様。
10時発の飛行機に乗るのに、駐車場で手続きをしてそれから送ってもらうのでは間に合わないかも!と言う事で、急遽引き返し新千歳空港の駐車場に止めることに。
おかげでちょっと気持ちに余裕ができた。



江尻がブログに書いていたので、ロイズのバトンクッキーを差し入れしようと思って購入。
あと、甘いもの好きの勝にも、と味違いのをもう一箱。

天候が悪くて飛行機飛ばなかったらどうしよう…とか、前日まで心配していましたが、この日はなんの心配もなく離陸。
羽田空港で乗り換えですが、思っていたよりも乗り換えの時間に余裕がなかった!
予定では到着から出発までの時間が30分。でも、たしか20分くらいしか無かったような…。
トイレに行く時間くらいしかなく、慌てて那覇行きの飛行機に搭乗。

そして、乗ってから気づく。
お昼ごはん買ってない!!

那覇には15時頃到着の予定。それまで空腹を我慢するのか?!と考えた末、千歳で買った勝へ差し入れる予定だったバトンクッキーを開けて、みんなで分けて食べる(笑)
いやぁ、買っておいてよかった。

小さい飛行機だった割には、大きなゆれもなく那覇空港へ到着。
那覇空港の駐車場の塀には、沖縄でキャンプをしている各球団のミニフラッグが飾ってあった。改めて見ると、凄い数。


今回のツアーは、レンタカー込み。
場所が分からなかったので、案内所のお姉さんに尋ねて、レンタカーの迎えバス待ち場へ。
これが、ものすごい数のレンタカー会社がずらっとお客を待ち構えていて、目当てのバスがどこに着くのか分からず、しばし迷う。
分かった後に見直してみると、フェンスにそれぞれのレンタカー会社の旗が揺れていた。
…分かりづらっ!



無事にレンタカー会社の送迎バスにも乗れ、手続きも済ませて、いざ那覇市内。
那覇観光の時間が取れるのはこの日だけだったので、首里城と国際通りくらいは行っておきたいぞ、と。
生まれて初めて触るカーナビに「県庁前」とインプットして、出発。
県庁前には地下駐車場があるので、そこに車を置いて、首里城まではゆいレールで行きました。

駐車場のエレベーターに乗ったら、扉に『気をつけて クイナが急に飛び出すさぁ』という張り紙が!
これにはかなりの衝撃。
北海道に来た人が、「熊出没注意」の看板に驚く感じ?


どうやら、北部で出やすいようなので、国頭で見れないかなぁと期待は膨らむ…。

地図で見る限り、駅から徒歩圏内かなと思っていた首里城ですが、着いてみると遥か丘の上。父親がゴネたので、タクシーに乗って公園まで。
タクシーの運転手さんは、沖縄の冬は寒いという事を力説していた。

この時すでに18時をまわっていたと思うのだけど、いつまでも空が明るいことに驚いた。うーん、南に来たんだなあ。

首里城については全くなんの知識もなく出かけたので、あんなに高台に建っているとは露知らず。
なかなか階段をのぼるのが大変。
展示品とか、とても綺麗だった。
お城から見る那覇市内の景色も、海まで見通せて素晴らしい。
天気が良かったら、もっと綺麗だったろうなあ。
 

首里城からまたタクシーに乗って駅へ行き、ゆいレールに再び乗って、今度は牧志駅で下車。ここから県庁前まで、国際通りを歩きました。
通り通りに入ってすぐのお店で、値段と客引きのお兄さんに引かれてお店へ(笑)
ここで両親は親戚や会社の人などへの土産をほぼまとめ買い。もっと色んなお店を見てからでもいいのに、せっかちな人達です…。



で、お土産は全部近所に住んでいる従姉の家宛に送って貰いました。
晩御飯は国際通りで食べようと思っていたので、オススメのお店を教えてもらい、おまけにシークワーサージュース
までいただく。

オススメして貰った居酒屋へ行ってみると、デデーンと新垣のポスターが貼ってありました(笑)
あと、どうやら店主の息子さんはヤクルトファンらしく、ヤクルトの選手と一緒に写した写真などがいっぱい貼ってあったり。
  

せっかく沖縄に来たのだから、と、ゴーヤーチャンプルを注文。
苦味はほとんどなく、しゃきしゃきしていて美味しかった!


私は運転手なので、お酒はNG。
頼んだシークワーサージュースもとても美味しかった。
ビール好きの両親は、オリオンビールの生を注文。
”ビールはアサヒのスーパードライ!”というこだわりの人達なのだけど、そこそこオリオンビールも気に入った様子。

お腹も一杯になって、再び国際通りを歩く。
羽田からの飛行機の中にあった沖縄ガイドブックに乗っていたお土産店を探しているうちに雨が!慌ててコンビニでビニール傘を2つ買って、2人ずつで歩く。
目当てのお店も無事に見つかり、買い物を済ませて、さあ名護へ向かうぞー!と駐車場へ。
自販機で沖縄らしい商品を見つけ、思わず写真を撮る。


駐車場には料金を受け取るおじさんがいたので、高速に乗るにはどう行ったらいいかを聞いた。ルートの書いた紙までくれて、とても親切だったけど、そのルート通りには結局走れず、カーナビに頼ってみても、ちょっぴり迷い、それでもなんとか高速道路に乗れ…。
あとは名護までひたすら真っ直ぐ走る。

那覇市内を車で走るのはなかなか手強い。
観光名所に出かけるだけなら、ゆいレールはおすすめです。ゆったり那覇市内を眺める事もできるし。

さて、「21時くらいには着きます」とホテルの人には電話で伝えてあったのだけれど、結局着いたら22時くらいだった。
雨も風も強くて、荷物をおろすのに一苦労。

明日も雨だったら嫌だなぁ…と思いつつ、この日は就寝。


つづく。





このページのトップへ