Reports


2016年11月21日(月)羽幌町応援大使 武田勝選手・白村明弘選手トークショー

レポートその1

北海道応援大使 羽幌町さんのトークショーへ参加してきました。
今回は「町民に限らずどなたでもどうぞ」と言うことで参加できまして、本当に有難かったです!
写真撮影やSNS掲載などへの禁止事項もありませんでしたので、レポートさせていただきます。

開演は16:15からでしたが、その5分前の16:10にブザーが鳴ってとてもドキドキしてしまいました。
時間になって、最初はHTBの谷口アナが登場。
そして、客席の中段の通路を通ってお2人は壇上へ。
私の隣を白村選手が通ったので、思わずタッチしていただいちゃいました(笑)

壇上ではこんな感じの配置で。


最初に羽幌町の方からお2人に花束贈呈


受け取った花束を椅子に置いて、マイクを手に持つ勝さん。


最初は立って順番にお2人からご挨拶が。
今年はチームは優勝したものの自分の成績には納得できなくてとちょっとトーンも暗く、ネガティブな白村くんの挨拶につい笑ってしまう勝さん。


それから座って、谷口アナとのトークへ。
このトークショーの前には学校訪問をしたそうです。
サプライズだったそうで、出ていっても一瞬「誰?」と言う感じで間があったと(笑)
谷口アナに「勝さん、ちょっと不法侵入者みたいな扱いをうけて」と言われてました。


で、バスケットボールのパスをしたり、3ポイントシュートをしたりと、「何やってもウケるなと思った」と言う勝さん。
「打ち合わせ無しですよね。付いていくの大変でしたね?」と谷口アナに聞かれた白村くんは、「ええ、やっぱりレベルの高さを感じました」と(笑)
それに対して、「11年を物語ってるんでしょうね、これは」と返す勝さんでした。


中学校に行った時には突然あっち向いてホイを始めたそうで、その辺のことは「FFFFF」で放送すると思います、と谷口アナ。
勝さんいわく、子供たちは恥ずかしがって質問コーナーとかあっても喋らないだろうからとあっち向いてホイをしたそうで、 「一発入れておけば盛り上がるなと思って」と。しかも2連勝したとか。
谷口アナから「先輩の勝負強さを近くでご覧になっていかがでしたか?」と聞かれ、「あっち向いてホイを鍛えて、 投球術に生かしたいなと思いました」と言う白村くん(笑)


勝さんによると、あっち向いてホイは「やっぱり相手の読みでしょうね。じゃんけんから始まる先攻後攻、野球と一緒。 それからどっち向くかって言う顔の、目の、そういうものへの洞察力、そういうのが生きてると思いますけど。 ピッチャーとして細かく見てますから」だそうです。
そんな勝さんの話を聞いて「日常を野球に結び付けてるような発言してますが、そういう生活の仕方はあるんですか?」と 谷口アナに振られた白村くん、「僕が言うのもなんですけど、あの、なに考えてるんだろうなあって、毎日 」と(笑)


それに対して、「なに考えてるかって言われても、その思ったことポンとやりたいんですよ僕は。思いつきで生きてるので。 だから、なに考えてるか分かんないと思います、後輩からしたら」との事。
それを聞いて、「そうですよねぇ、あんな引退セレモニーも見たことないですよね」と白村くんに振る谷口アナ。
白村くんは「オカリナ持ってたときはちょっと…、この人なにしてるんだろうって」と(笑)
そんな谷口アナに「だって、あなたたちの、アレでしょ。裏で操作したんでしょ」と言う勝さん。


でも、あのオカリナは球団の仕込みだったらしいですよ(笑)
と、この会話の時に客席でボードを出している方がいらしたらしく、それを見つけた谷口アナが「色々作ってきてますねぇ! 『勝さんのオカリナ聞きたい』って、残念!今日オカリナ持ってきてないんですよ」と。
それには客席から「えええええ」とブーイング(笑)
谷口アナが「どなたか新品のオカリナがあれば。ここで吹くんですけど」と。


オカリナはファンフェスで場のつなぎのために吹こうと思って札幌ドームへ送ってしまったと。
「僕は登場しないんですけども、どっかで入れます」の言葉に、「え、ファンフェス出ないの?!」とザワつく客席。
勝さんは、「だから、DJタケダとして、出ますから」と。
このファンフェスに出ない発言には客席から「えー」と声があがり、「だって引退した人出たことないんですよ。 出ないんですよ、普通」と言う勝さん。(…そうでしたっけ?)


それなら今聞きたい!と言う声に、「今聞きたいって言われても、口笛になっちゃいますからね」と谷口アナが言うと客席から は拍手が(笑)
そんな反応をみて、勝さんが引退セレモニーの時のあれ!「聞いてください。ドレミファソラシド」を言ってくれました。
そして、口笛で「ドレミファソラシレミ~♪」と。
オカリナでも外してましたけど、最後はずすのはわざとなのかな(笑)


大ウケの客席。 やりきった勝さんに谷口アナが「あの、これはピッチングにはどう生きてくるんですか?」と聞き、「これはですね、やっぱりあの強い気持ちでしょうね。 やりきる気持ちですね」と(笑)


そして、「それは、白村さんドレミファソラシドはやった方がいいですか?」と谷口アナに聞かれ、「新しい境地を開いて欲しいと。 彼やっぱり慶応でてますから、頭の回転いいですから。新しく変えていってほしいですよね」と答える勝さん。
そんな2人に笑うしかない白村くん(笑)


「でも、まあ、今年は無理かもしれない」と言う勝さんに、「そう、だって勝さんも3年目、これ出来ないでしょ」と返す谷口アナ。
それに勝さんも「出来ない」と答え、「まあ今後にね、生かしたいと思いますし、こういうのもみてまた新しい自分を発見してほしいなと思いますけどね」と。
谷口アナに、「白村さん、取り入れるものと、聞いといて捨て去るものってものがありますね」と言われ、勝さんに「やっぱり”これは俺だ”ってものを身に付けて欲しい」と 続けられた白村くんは、「全然難しいです。ついていけないです」と答えたのでした(笑)



つづく。





【当ページの写真・文章の無断転載は禁止します】

Powered by Pondt